調香でからだとこころを整える

新しい年が幕開けし、サロンも新春の雰囲気です。


さて、基本、調香サロンがわたしの仕事場ですが、

子どもたちが通う施設の管理やこどもたちや親御さんとの関わりも

私にとって大切な仕事。


施設でこどもたちのセッションに日々邁進してくれている

講師陣の先生方は、わたしにとって施設にとってもとても大切な存在。


どの先生もうちのフレグランスを愛用してくださっていて、

時々疲れたらサロンまで足を運んで香りに触れる時間を

それぞれに持ってくださっています。


調香でリラックスし、気持ちや思考を切り替えてもらう時間は

大事な時間だと思っています。


この日にサロンに来てくれたのは音楽療法士キキ先生。


こどもたちに人気があって彼女のセッションはいつも満員御礼状態。

海外在住歴があり、カナダの大学を

卒業していることもあり英語も堪能で、

今月から音楽のセッションに加えて個別の英語教室もスタートすることに。


それ以外でもわたしの仕事のあれこれも手伝ってくれたり

一緒にセッション内容を考えてくれたり、

貴重な施設の20代スタッフでもあります。


ということもあり、年始からかなりハードスケジュールなキキ先生は、

この忙しさを元気に乗り切りたいとのことで、感覚を整えるための

香りのカウンセリングをしました。


その後、スパフレグランスで手浴。

アトピーがひどくでる時期だったんですけど、スパ用にブレンドした香りで

ひどかった咳も吸入効果かおさまりました。


この手浴、調香では必ずしていただくんですが、

京都では手浴と足浴の半々実施が多いかな?


うちではタッチやトリートメントはなく、

香りをきくだけで脳の奥深いところををゆるませ緊張をとるのが目的。


毎日いっぱいいっぱい頑張っている方は脳の緊張が高く、

ゆるむ、ということを自分自身によし!と許可を出さない傾向があります。

知らず識らずに厳しくなっちゃうんですね。

とにかく一旦ほどいてみる!


キキ先生、パーソナルな香りを作って、それを存分にきいて

リラックスされてました。

よかったよかった🎵


1月に入るとこの四月に小学校へ入学する予定のこどもたちから

の問い合わせや見学が徐々にはじまってきているので

迎える準備に追われる時期。


香りを上手く使ってみんなで乗り切りたいと思います😊


只今うちの施設は昨年末のスタッフ退職のため、

事務をメイン仕事をしてくださるスタッフ1名を募集中です。

料理教室の定着や栄養相談、講座の開講なども念頭に置いているため、

そこにお力を貸していただける食に興味がある方だとなおいいかなと

思ってます。

保健師miriの香りの庭

香りからはじまる セルフメディケーションのすすめ